取り組み・井戸ライフでは、環境や自然に関する活動に取り組んでおります。

笠原水源の湧き水
水戸の地形は台地と低地が崖により明瞭に区分できます。崖を形成する斜面の多くは地下水が湧き出し、潤いのある水辺環境を形成しています。数多い湧水地の代表といえる史跡笠原水源は黄門さんの時代に水道水源として完成し、近年まで利用していました。湧水は逆川の中流から下流域の1.3kmにわたり観ることができます。湧き出した地下水は逆川に流れ込み、川の流れを清流に変えています。湧水が分布する直上の川の流量は250リッタ/秒、1.3km下流では530リッタ/秒と倍以上に増量します。(資料【逆川流量】)
 
 水戸の台地は標高30mの平な地形が南西にかけて広がっています。台地の表層は5mほどローム層が覆い、その下には洪積世時代に那珂川から運ばれた砂やレキが堆積しています。下層は水戸層と称する泥を主とした新第三紀の堆積岩が分布しています。湧水帯付近の水戸層の上面は標高にして±0m前後です。砂やレキ層は地下水を良く通しますが、水戸層の泥岩は殆ど流れません。そのため貯留した地下水は水戸層の上面で滞留して水圧を増し、逆川沿いの斜面から湧き出すのです。
 
 逆川は東野地区の台地に分布する湿地や沼から流れる5.8kmの小川です。台地に誕生した小川は谷頭がなく、谷戸などの湿地や沼を源流にしています。源流は僅かな流れでも徐々に岸が削れて谷を造り、湧水を集めて流量が増します。川底が深さ5mを越えると、ローム層から砂レキ層に変わり、流量が更に増えて急流となります。中流から下流にかけ崖が発達して湧水域は広がりをみせ、川の水量は飛躍的に増えます。
 
江戸時代初期に造った笠原水道は取り壊されましたが、跡地に沿って水の流れを観る事ができます。水戸の台地の地下水は雨水が直接浸透して貯留し、数十年かけて※1湧水という最終章を迎えます。水戸市民である私たちは地下水の最終章にふさわしい水辺環境を守り継ぐため取り組んでいます。7月18日には湧水をテーマとした自然観察会を開催します。

・本件の詳細資料は【逆川の水の流れ】【笠原水道施工に関する一考察】をご覧下さい。


このページの先頭へ