千波湖の自然環境回復に一提案

茨城県の森林・湖沼環境税が本格施行実施するに当たり、霞ヶ浦水質浄化等の自然回復を推進する事は茨城県民に限らず、世界に向けた大きな課題である。すでに多くの市民団体が自然浄化の事業を実施しているものの、その効果は散在して長年を要する。霞ヶ浦等湖沼・河川の水質保全に計上した予算には『市民活動の促進』が有り、本項を活用した提案をする。

霞ヶ浦は海がせき止めて出来た海跡湖である。海跡湖は火山湖(蔵王のお釜)、断層湖(諏訪湖)と異なり平野部に多く分布し、人間生活に大きく係わってきた。海跡湖は産業、生活の開発の中に巻き込まれて翻弄され、自浄能力が衰退した。近年各地で多くの市民団体が浄化活動を推進して効果は見られるものの、抜本対策は見つからないのが現状です。

湖沼の水質浄化は器である地形、地質を把握して、器に入る水の収支を科学的に検証する事である。器の性質により入る水の収支は異なり、霞ヶ浦など海跡湖は火山湖、断層湖と同義で語れない。霞ヶ浦の場合水深3〜4mで、流入する湖水は岸から湧水した地下水で海水面を保ち、干満の影響を受けながら海へ流出する。現在の霞ヶ浦は湖岸をコンクリートで覆い嵩上げした。また、水深の浅い湖底の泥は、潮水の流入を堰き止めるため、行き場がない。これでは水収支上、霞ヶ浦は人工の水タンクで、自浄能力は衰退したのも当然である。湖岸からの湧水を復活させ、湖底の泥を除去しなければどんなにお金をつぎ込んでも、自浄効果は期待出来ない。流域の下水道整備に伴い湖水の浄化は回復したものの、抜本対策とは言えない。以上、自然浄化を実践するには多くの課題が有り、どうしても部分的な対策に終始してしまう。これらを解決する手段として、千波湖で自然浄化を試験実施する事を考え、ここに提案する。

千波湖の水質は近年急激に悪化してきた。その原因は桜川の河川改修に伴う、河床掘り下げによる、千波湖の水循環の変更によると言える。また、千波湖の護岸改良よって、自浄効果が減衰した事も一因である。

千波湖は古来桜川、沢渡川、逆川が合流する他、上市の南斜面や千波の北斜面から豊富な地下水が流れ込む、水豊かな湖であった。現在は桜川と切り離されて、一部が分水として流入している。湖面の水位は桜川の流れによって調整されて流出が抑えられている。この結果千波湖の湖水は堰き止められて滞留し、多くの鳥の糞も混じり富栄養化の悪水と変化している。また護岸は切り立った構造物により、水辺のせせらぎが消滅して浄化能力が減衰した。

千波湖の水質改善は、水質悪化をもたらした誘因を把握して、自浄能力を回復することが最も重要である。他からの流水に頼るだけでは、抜本的な自然回復は果たすことが出来ない。

湖面の水位を下げる

湖面を下げることにより護岸周辺からの流水が活発となる。水辺の生育環境が整い、浄化作用が回復する。

北斜面湧水の導水

湖面が下がり、北斜面に広がる湧水帯からの流動が多くなるため、これらの湧出水を導くための暗渠の整備をする。また、湧水を導水することにより、北斜面に伸びる歩道や広場に流れ込む水処理も可能となる。

護岸の改良

千波湖周囲の護岸は垂直に整備したため、水辺の生育環境が消滅した。水辺は水域と陸地との漸移帯で、両者を共有する多様な生きものが生息する重要な環境といえる。水辺は乾湿の変化により、多様な生きものが生息して湖水の浄化につながる。


湖面の水位低下は湖底までの深さにより決まる。水位は30〜50?の低下で様子を見すると良い。水深調整は桜川に流出するゲートで調整可能である。なお、桜川水面と同レベルの場合、揚水ポンプによる放流とする。水深が下がれば護岸を水辺に改良することが可能である。なお、水辺の環境整備は期間を要するため、効果、景観を考慮しながら実施すればよい。

北斜面の親水公園は、湧出した地下水を有効に活用していると言い難い。湧出水は暗渠により千波湖に導水する事で、湿潤した広場、歩道を改良する事も可能である。湖面が下がり水辺が整備され、地下水が流入すれば浄化に貢献する。

また、桜川への流れを堰き止めた事により、土砂が湖底に堆積して水質の悪化を引き起こしている。古来農業用ため池は、定期的な放流で生育多様性を維持してきた。千波湖の全放流は閉塞した生育環境の活性化に繋がる。

なお、本提案は総合的な千波湖流域改善策の一助にすぎない。桜川の総合的な河川管理に組み込まれている千波湖の水を、単独で管理することが可能と思えない。しかし、偕楽園とともに市民のシンボルである千波湖、湖面を直視して、自然環境の素晴らしさを取り戻す事が、どれだけ大事か一考して頂きたい。自然環境の素晴らしさはそのものの力、千波湖の場合は自然に流入する水、澄んだ湖面、多様な生育環境である。これら現状を理解せず、千波湖の器を越えた期待をした時、維持管理が重荷になり、人工のため池となる。先人達が守り受け継いだ千波湖を人工のため池にしないためにも、昔の自然の流れを取り戻したい。自然環境は必ず回復する。

文責:西原 昇治 (有)井戸ライフ 代表取締役


このページの先頭へ