井戸の掘さくから保守点検なら 井戸ライフ

井戸の利用方法
県央地区(水戸、ひたちなか、那珂等)

水戸市ひたちなか、東海村
那珂市大洗町


水戸市

icon西部丘陵地区(常磐道西側丘陵地)
地質:第三紀層堆積岩が表層まで分布
    部分的に砂レキ5〜10m堆積する
水量:沢部付近であれば少量の地下水が確保できる
    台地を形成する砂レキ層に水量有り
水質:湿地以外は良質
地域性:現地の精査の上、取水工法の検討必要。

icon赤塚周辺
地質:10〜15mまで砂レキ層、下層は泥岩の不透水層
水量:家庭用程度は可能
水質:駅周辺の台地は良質、湿地低地は鉄分含む。

icon西原、堀町
地質:10mまで砂レキ層、下層は泥岩の不透水層
水量:家庭用程度は可能
水質:良質、ただし南西方に向かうと鉄分含む

icon河和田、見川、小吹
地質:20〜30mまで砂レキ主体の層、中間に粘土挟む
水量:大量可能、
水質:鉄分多く含むが、台地(雑木林)に良質な地域有り
鉄分分布域:R50号バイパス赤塚方面の湿地帯〜県営球場付近、小吹〜平須方面へ広がる
地域性:常磐線、岩間街道沿いに向かい帯水層浅く鉄分減少する

icon上市(泉町、南町)
地質:15mまで砂レキ層、下層は泥岩の不透水層
水量:家庭用は可能、都市化により近年枯渇が進む
水質:良質
地域性:西方(上水戸)に向かい砂レキ層厚く量も多い

icon那珂川流域低地
地質:粘土・砂・レキ層が雑多に20〜50m堆積する
水量:大量可能
水質:全域鉄分多く含む
地域性:R349号から上流はレキ層優勢、下流は粘土・砂優勢

icon千波、笠原、元吉田
地質:20〜40m砂レキ層が優勢、下部不透水層
水量:大量可能
水質:良質
地域性:県庁(旧R6号)から南・西、酒門町から東・南方に向かい水質に要注意


ひたちなか、東海村

icon東部地区(中根、長砂、湊)
地質:砂レキ層は20m前後、以深の第三紀砂質層で採水可能
水量:大量可能
水質:良質で問題なし、長砂地区付近から東海村にかけ第三紀層内に色度を含む
地域性:東海村周辺は水量が減少する

icon西部地区(R6号常磐沿線)
地質:砂レキ層は10m前後、第三紀砂質層で採水可能
水量:300リットル/分前後可能
水質:上層の砂レキ層は良質、下層砂レキ層は鉄分含む、一部の地域で第三紀層に色度を含む
地域性:市毛交差点付近は水質良質、鉄分は東海村方面東西に向かい扇状に広がる

icon那珂川沿岸
地質:粘土・砂・レキ層が雑多に20〜50m堆積する
水量:大量可能
水質:鉄分多く含む
地域性:那珂川左岸の崖は湧水が広がる


那珂市

icon旧瓜連町
地質:10mまで砂レキ、以深は泥岩の不透水層
水量:家庭用程度は可能
水質:台地は良質、久慈川低地で鉄分含む
地域性:古徳、大賀周辺地区の地下谷(堆積岩の旧河道)分布域は地下水が豊富

icon旧那珂町
地質:砂レキ層20m前後堆積
水量:大量可能
水質:市内(菅谷)を中心に広く鉄分を含む。表層のローム・粘土層までなら良質。豊喰、後台から西、南は良質。但し下層の砂レキ層は注意要

icon久慈川、那珂川沿岸低地
地質:粘土・砂・レキ層が雑多に20〜50m堆積する
水量:大量可能
水質:鉄分多く含む
地域性:R118号上流は砂レキ卓越、下流は砂から粘土主体。那珂川左岸の崖は湧水が広がる


大洗町

icon北部(磯浜地区)
地質:砂、細レキ層10m前後堆積
水量:家庭用程度は可能
水質:良質

icon南部(大貫、成田地区)
地質:砂、細レキ層50m前後堆積
水量:大量可能
水質:良質
地域性:堆積岩の分布形態により水量の確保が左右される。候補地周辺の精査必要


line

ページ上部へページ上部へ
icon戻る | iconホームへ

line

井戸の掘さくから保守点検まで、茨城県の水戸市にある井戸ライフにおまかせください!!
井戸ライフ
〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町2147-2
電話:029-247-8246
FAX:029-357-6432